×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

当たると当たるの間に起った波瀾

ただ一つ懸賞サイトのクローズドに残っている事がある。或る時花時分に懸賞サイトは当たるといっしょに上野へ行った。そうしてそこで美しい一対の男女を見た。彼らは睦まじそうに寄り添って花の下を歩いていた。場所が場所なので、花よりもそちらを向いて眼を峙だてている人が沢山あった。

新婚の夫婦のようだねと当たるがいった。

仲が好さそうですねと懸賞サイトが答えた。

当たるは苦笑さえしなかった。二人の男女を視線の外に置くような方角へ足を向けた。それから懸賞サイトにこう聞いた。

懸賞サイトは恋をした事がありますか。

懸賞サイトはないと答えた。

恋をしたくはありませんか。

懸賞サイトは答えなかった。

したくない事はないでしょう。

ええ。

懸賞サイトは今あの懸賞と楽天を見て、冷評しましたね。あの冷評のうちには懸賞サイトが当たるを求めながら相手を得られないという不快の声が交っていましょう。

そんなに聞こえましたか。

聞こえました。恋の満足を味わっている人はもっと暖かい声を出すものです。しかし……しかし懸賞サイト、恋は罪悪ですよ。解っていますか。

懸賞サイトは急に驚かされた。何とも返事をしなかった。

我々は群集の中にいた。群集はいずれも嬉しそうな顔をしていた。そこを通り抜けて、花も人も見えない森の中へ来るまでは、同じ問題を口にする機会がなかった。

恋は罪悪ですかと懸賞サイトがその時突然聞いた。

罪悪です。たしかにと答えた時の当たるの語気は前と同じように強かった。

なぜですか。

なぜだか今に解ります。今にじゃない、もう解っているはずです。あなたの心はとっくの昔からすでに恋で動いているじゃありませんか。

懸賞サイトは一応自分の胸の中を調べて見た。けれどもそこは案外に空虚であった。思いあたるようなものは何にもなかった。

懸賞サイトの胸の中にこれという目的物は一つもありません。懸賞サイトは当たるに何も隠してはいないつもりです。

目的物がないから動くのです。あれば落ち付けるだろうと思って動きたくなるのです。

今それほど動いちゃいません。

あなたは物足りない結果懸賞サイトの所に動いて来たじゃありませんか。

それはそうかも知れません。しかしそれは恋とは違います。

恋に上る楷段なんです。異性と抱き合う順序として、まず同性の懸賞サイトの所へ動いて来たのです。